project

【月刊小樽自身2023年2月号】シリーズ百年企業 第6弾!老舗ゴム長靴メーカー・ミツウマ

2023.01.25

2022年8月1日で、小樽に市制が布かれて100年。
小樽市制100年にちなんだ、小樽市内の100年企業紹介シリーズも今回で第6弾!

今回は、小樽に本社を置く老舗ゴム長靴メーカーのミツウマさんをご紹介。
強くて履き良い長靴、滑らなくてお洒落な防寒長靴として、小樽市民のみならず、全国でも人気のあるミツウマさんにお話しを聞いてみました!



株式会社ミツウマの歴史

まずは、ミツウマさんの100年の歴史からご紹介いたします!

1919年   10月10日 小樽市入船8丁目22番地において北海道護謨工業合資会社として発足。初代代表社員(社長)中村利三郎就任
1930年 三ツ馬護謨工業合資会社と改称
1943年 仙台工場が弘進ゴムと合併、三馬弘進ゴム株式会社となり移設分離する。
三馬護謨工業株式会社となる。三馬ゴム株式会社と改称
1963年 小樽市奥沢町6丁目に奥沢工場を設立する
1974年 株式会社ミツウマと改称する
2008年 ショップミツウマヤフー店ショップミツウマ楽天市場店オープン
2014年 おたる運がっぱスペシャル長靴贈呈
2019年 10月10日 ミツウマ創業満100年
2020年 九代目取締役社長 大東藤男 就任
2022年 小樽市より小樽市長寿企業表彰を受賞する

ミツウマさんから歴史を感じる写真を数枚いただくことができたので、ご紹介いたします!

ミツウマ全盛期である昭和40年(1965年)頃の長靴製造工場

同じくミツウマ全盛期に道内各地を回っていた宣伝カー

公園通りに設置された当時の電飾看板

現在の公園通りの看板
現在はリニューアルされてデザインが変わっています。



気になることを聞いてみました!

--「強くて履き良い」と例えられて有名なミツウマさんのゴム長靴ですが、創業当初からのこだわりをお聞かせください!

(ミツウマご担当者様)
お客様が安心して使っていただけるよう、誠実なものづくりを心掛けてきました。
ゴムの配合や靴型なども長年の研究はもちろんですが、ユーザーの声を取り入れながら、靴の種類ごとに最適なものを使うことで丈夫さと履きやすさを追求しています。

歩行がラクで疲れにくい軽量設計!

--ミツウマさんの長靴は小樽市民御用達で、私も良く仕事やプライベートなどで履かせていただきますが、本当に丈夫で履きやすいですよね!
--ミツウマさんは滑らないお洒落な防寒長靴を多数揃えていますが、そちらのこだわりについてもお話をお聞かせください!

(ミツウマご担当者様)
雪国で使っていただくうえで、滑りにくいということは最も大切な要素の一つです。
靴底の意匠やゴムの硬さ、スパイクピンを埋め込む位置なども工夫しています。
また、アウトドアやタウンユース向けのご要望も多いことから、「G-フィールド」シリーズのちょっとお洒落なラバーブーツのラインナップを強化したり、3年前からスタートしたスノーブーツシリーズもご好評いただいています。

冬でも滑りにくい秘密「セラミックソール」

冬でも滑りにくい秘密「最強スパイク」

--2014年におたる運がっぱスペシャル長靴を贈呈するなどユニークな取組もしておりますが、その経緯について簡単にお聞かせください!

(ミツウマご担当者様)
小樽のために一生懸命頑張っている運がっぱちゃんを応援したいと思っていました。
特に、雨の日や雪の日に足が汚れると大変とのお話を聞き、是非、長靴をプレゼントしたいと思いました。
ミツウマには靴部門の他に、大型のゴム製品を作る工業用品部門がありますので、ベテランの職人が運がっぱちゃんの足に合わせて手作りして差し上げました。
靴のサイズはプライバシー保護で内緒です(笑)

長靴を履いた運がっぱちゃん①

長靴を履いた運がっぱちゃん②
可愛い♡

--ミツウマさんならではの応援の仕方で心が温まりますね♪(運がっぱちゃんの足のサイズが気になる(笑))
--2019年に100周年を迎え、2022年には小樽市長寿企業表彰を受賞しましたが、これからの展望についてお聞かせください!

(ミツウマご担当者様)
先輩たちが築き上げたブランドがミツウマの大きな財産だと感じています。
変化の激しい難しい時代ですが、このブランドを生かしつつ、本業はもちろん、失敗を恐れず色々な分野に挑戦していきたいと考えています。

--挑戦の姿勢を崩さないミツウマさんですが、先日、同じく小樽に本社を置く老舗ゴム長靴メーカーである第一ゴムさんと、道外向けに高級長靴を販売する合弁会社「NOR」(エヌオーアール)を東京に設立することがニュースで話題となりました。
小樽製高級長靴の全国区ブランドの確立を目指すため、長年競争関係にあるライバル会社と手を組むことも挑戦する姿勢の表れですね!
--ミツウマさん、お忙しい中取材に応じていただき、ありがとうございました!

株式会社ミツウマの情報はこちらから
ホームページ
ショップミツウマ:ヤフー店 楽天市場店



小樽市内のミツウマ専門店をご紹介!

この記事を見て、ミツウマ製品が欲しくなったのではないでしょうか?
そんなあなたに小樽市内のミツウマ専門店(特約店)をご紹介いたします!

ながぐつ屋おたる
小樽市築港8番11号 (新南樽市場内)
TEL: 090-8270-1086
営業時間:9:00~16:00
定休日:水曜日
ホームページ

ミツウマ専門店といえばこのお店
天井までミツウマ製品が並ぶほどの品揃えです!

ミツウマストア
小樽市築港8番11号 (ウイングベイ小樽内)
TEL: 0134-32-7666
営業時間:
(平日)10:00~18:00
(土日祝)10:00~19:00
定休日:なし

ファッション性を兼ね備えたアイテムも多いミツウマ専門店です!(2022年9月オープン)



過去にご紹介した百年企業はこちら
美味しさの秘密を探る!小樽の地酒・田中酒造【月刊小樽自身2023年1月号】
愛され続ける100年超えの小樽の銭湯【月刊小樽自身2022年12月号】
ガラスの街・小樽を伝える老舗3社【月刊小樽自身2022年11月号】
百年企業!かまぼこは市民のおやつ、おつまみ【月刊小樽自身2022年10月号】
小樽の自慢の百年企業でお買い物しましょ(甘味編)【月刊小樽自身2022年9月号】