project

月刊小樽自身 2022年3月号

2022.02.25

今月号も地元に密着したトピックが満載です。小樽の美味しい、小樽の楽しいをたくさん詰め込みました。 配信の前週は、小樽も大雪で大変でしたが、春の足音も近づいていますよ~。雪解けももうすぐです。これを読んで、次に小樽でやることの作戦を立ててくださいね!

・各記事を読むには、それぞれの記事の見出しをクリックしてご覧ください。
・各記事ページからも、前後の記事へ飛んで読むことができます。

月刊小樽自身3月号のトピック

なまらうめぇ!金メダル級ランチ

観光に来たら、その土地の人にも認められているような、美味しい料理を食べたい!と、思う人は少なくないはず!
そこで今回は、地元の料理人が「美味しい!」とオススメするお店5店舗と、そのメニューをリレー形式でご紹介!



小樽自身推し!3泊4日卒業旅行プラン♪

女子3人でワイワイ盛り上がる、最後の思い出作り。小樽で今、オススメのコースを提案します!。ぜひ、旅の計画の参考にしてください!



米ドロボー!と叫びたくなる 絶品「ごはんのオトモ」

「これがあれば、ご飯がすすむすすむ~」小樽人の日常の暮らしで楽しまれているごはんのオトモ、愛しき“米ドロボー” をご紹介します。



小樽の春の風物詩 ニシンの「群来(くき)」が見たい!

明治に最盛期を迎えたニシンと、今、復活しているニシンは違っていた!そんな最新の研究を、専門家に聞いてきました。DNA研究や背骨の数からわかった、ニシンの生態とは。



体験ルポ 引いてみた豪雪の人力車

イケメンのおにいさんが引く人力車。冬の小樽もさっそうと流しています。 他の地方では経験できない風景。 雪国の人力車を引く俥夫を直撃。



クローズアップ JR小樽駅

旅の第一印象を決定づける駅舎 。 小樽駅舎の趣のある建物は、歴史と文化遺産を多く残す街を象徴しています。 まだまだ発見も多い小樽駅舎を、あらためてひもといてみます。



写真展 北に生きる猫

現在、市立小樽美術館にて開催中の企画展「土肥美帆写真展 北に生きる猫」。
漁港に住む猫たちの愛らしい姿を収めた作品が話題になっています。



100年飴玉一筋! 澤の露本舗/飴谷製菓

喉の乾燥が気になる今の季節、喉を労わるために飴ちゃんを手に取る機会が増えます。
せっかくでしたら小樽の老舗飴店の飴ちゃんを自分用に、お土産用に買ってみませんか?



子どもの夢いっぱいの創作展 オルゴール堂

小樽観光をしたことがある方ならきっと一度は立ち寄ったことがあるはず!
国内最大級のオルゴール専門店『小樽オルゴール堂』をご紹介します。



伝統の春スイーツ さくら餅&うぐいす餅

春が近づくと見かけるようになる、爽やかライトグリーンとピンクのスイーツ…♡
そう、うぐいす餅とさくら餅です。
小樽市内のうぐいす餅・さくら餅情報をご紹介します!



3月イベント情報

3月のイベント情報はこちらから!



今月の表紙

3月号の表紙を飾っていただいたのは、海獣飼育課トレーナーのおふたりとイルカのロッキーです。弾ける笑顔が素敵なお三方ですね。ロッキーのスマイルにも気が付きました?

※ロッキー真顔バージョンです



■おたる水族館からのお知らせ

2022年3月12日(土)から、待ちに待った通常営業です!海の仲間たちに、またゆっくり会いに行けますね!今季の特別展は「生き物の不思議」だそうです。「模様の不思議」「成長の不思議」「大きさの不思議」の3部に分かれているそうですので、あわせてお楽しみください!

通常営業開始に合わせて、「新倉屋」とおたる水族館のコラボが始まります。それは、ゴマフアザラシをモチーフにした「ゴマフ大福」の発売です!

ゴマフアザラシ

新倉屋とのコラボ商品
ゴマフ大福

見てから食べるか、食べてから見るか?
あなたはどっち!?

おたる水族館
公式ホームページ