project

【最新号】月刊小樽自身 2021年12月号

2021.11.25

【編集部よりお知らせ】
月刊小樽自身の配信スタイルを、今号より変更いたします。

・各記事を読むには、それぞれの記事の見出しをクリックしてご覧ください。
・各記事ページからも、前後の記事へ飛んで読むことができます。



月刊小樽自身12月号のトピック

小樽で3泊4日クリスマス旅に行こう!—とあるカップルの♥♥♥な過ごし方

クリスマスの小樽を楽しむには、1泊と言わず、3泊4日でどうぞ!おすすめクリスマスステイのご紹介です。



心までほっと安らぐ冬アイテム 小樽キャンドル特集

キャンドルは、小樽の冬にピッタリのアイテム。小樽市内のキャンドル取扱い店をご紹介します。



市場で朝活のススメ!

小樽の市場、早いところは朝4時から営業。せっかくなら朝活しませんか!?
&小樽の市場をまとめてご紹介。



小樽のグロ旨海鮮鍋—見た目と裏腹で絶品なんです

見た目と裏腹に、絶品なんです。カジカ、ゴッコ、アンコウ、小樽でお召し上がりいただける北海道の郷土料理、冬の魚を鍋で楽しみましょう!



イルミ&オブジェ 映えスポット満載—徹底解剖 小樽ゆき物語&夜のまちなみ散策ツアー

イルミやオブジェの映えスポット満載。冬の小樽を彩るプロモーションイベント「小樽ゆき物語」が今年も始まっています。



クローズアップ地域 都通り商店街

今年、創立から100周年を迎える小樽都通り商店街。アーケードのある商店街としては、北海道で〇番目に古い!?



ねぇもう予約した?クリスマスケーキ&シュトーレン‐クリスマスを楽しむ必需品

街がクリスマスカラーに染まり、クリスマスソングを聞く機会も増えてきましたね!クリスマスケーキとシュトーレンのご紹介です!



お肉の自動販売機 増殖中

小樽で最近よく見かける「肉の自動販売機」、その数は増え続け、現在では市内18か所、約84台もの冷凍自動販売機が小樽市内にあるのです。



インドアなあなたへ――ブンビステイ-小樽で文学&美術を深める時間

寒がりな方は屋内で小樽観光をしたくなるのではないでしょうか。市立小樽文学館&美術館は、同じ建物内にあり、小樽の芸術・文化を大満喫できるスポットの1つです。



海を見ながら滑るゲレンデ特集

小樽には個性豊かな3つのスキー場があり、この時期になるとスキー、スノーボード、ソリ遊びなどをする多くの人で賑わいます。



待ってました!小樽雪花火&12月イベント

小樽雪花火は、今年は天狗山で開催!その他12月のイベントもこちらからチェック!



今月の表紙

左がダイジュ君/センターはリク君/右がセホ君です

今月の表紙は、和太鼓を演奏する「小樽太鼓衆 鼓響(こきょう)」のメンバーから、3名の方にご登場いただきました。

撮影にご協力いただいたのは、石井 大寿(いしい だいじゅ)さん、石井 利宮(いしい りく)さん、鹿嶋 世歩(かしま せほ)さんです。

1997年に結成された「小樽太鼓衆 鼓響」は、小樽市内の和太鼓団体に属していた太鼓打ちが新しいリズム・和太鼓を追求したいという思いで結成された団体です。

伝統芸能の和太鼓に現代的要素を取り入れ、新たな和太鼓を目指して活動を続けてこられました。小樽市内のイベントで、思わず見入ってしまったことのある市民も多いのではないでしょうか?今度のお正月も、もしかしたらどこかで賑やかに打演しているところに出くわすかも!?