小樽市民、事業者へお知らせ

中国における新型コロナウイルス肺炎について

2020.01.23

中国湖北省武漢市において、昨年12月以降、新型コロナウイルスに関連した肺炎の患者が複数報告され、これまでに北京市やタイなどにおいても感染者が拡大し、日本国内でも1月20日現在、神奈川県内で1名の感染者が報告されています。

今後、春節(旧正月)や冬季イベント等により観光客等国内外の人の移動が見込まれ、疑い患者の発生が想定されることから、保健所では市内医療機関との連携体制を取っています。



小樽市内の宿泊施設や飲食店、観光施設等の皆さまにおかれましても、感染の予防対策を強化のご協力をお願いいたします。



○風邪やインフルエンザの流行時期でもあり、咳エチケットや手洗い等、通常の感染症対策を行うことが重要です。

○武漢市から帰国・入国される方で、咳や発熱等の症状がある場合には、マスクを着用し、事前に医療機関に連絡したうえで速やかに受診していただくようお願いいたします。また、その際、武漢滞在歴や、新型コロナウイルス患者(又はその疑い者)と接触歴がある場合は事前にお申し出ください。



[小樽市保健所ホームページ]
中国における新型コロナウイルスに関連した肺炎の発生について
https://www.city.otaru.lg.jp/simin/iryo/kansen/abroad/china-haien.html

小樽市保健所【担当】健康増進課 感染症担当 
電話 0134-22-3110(平日)0134-22-3117(夜間・休日)
FAX 0134-22-1469



[厚生労働省ホームページ]
武漢市における新型コロナウイルス関連肺炎の発生について
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html