おたる コラム

短編コラム・小樽の魅力(第2回):ダンディ柴田

天狗山夏
2017年 09月 11日
ダンディ柴田

第三話:海小樽

そのトンネルを抜けると突然磯の香りが漂い出す。かつてはニシンで栄えた町・祝津。
赤とシロの灯台、鰊御殿、抜けるような青い空、白い帆のヨット、海獣の鳴き声も聞こえてくる。自然が造った絶壁の岩々、ここは国定公園にも指定されている。
そして、小樽っ子が大好きな「おたる水族館」。
ギョギョギョ~な巨大魚から食べたくなっちゃう豆粒フウセンウオまで、地球の魚たちがここ祝津に集まった。
イルカの水しぶきに「キャ~~」、トドの豪快ジャンプに「お~っ!」、ちょこちょこペンギンたちの「がんばる姿」にはいっぱい拍手をお願いね。
チャッターチャンスが多すぎてあっという間にスマホが水族館になっちゃった。※下の3枚の画像はすべてダンディ柴田の撮影です。

おたる水族館 小樽市祝津3-303 電話(0134)33-1400

いっぱい歩いたらお腹もペッコペコ。ここでは海鮮丼より串刺しの焼き魚に挑戦したい。まるごと頬張ると思わず「ワイルドだろ~!(古いって)」、う~ん、味も格別。
水面がオレンジ色に染まってきたら、小高い丘に登りたい。
まずはいつもの深呼吸、おいしい~っ。渡り鳥が群れをなして眼下を通り過ぎていく、映画のようなシーン。
遠く積丹半島の向こうにゆっくり、ゆっくり夕陽が沈んでいく。「シーッ」この時だけは何も喋らずに自然の営みを感じていたい。

いま、きっととっても優しい表情になっていますよ。

第四話:山小樽

「キャ~!」
最高時速40㌔のスピード!スリル満点の天狗山スライダー。こんなにおっきな声出したの何年ぶりだろう。
小樽のシンボル・天狗山の頂上には1周約800m(登りは自動で登ります!)の草原ボブスレーがある。
どこぞの最新ジェットコースターとはひと味違う体感スリリング。山をアクティブに楽しむなら絶対おすすめのコース!

日本全国700点にも及ぶ天狗のお面にゾゾッとしたり、ハートウォームなシマリスと戯れるのもおすすめ。
1周20分の山頂森林浴コースも心とカラダを癒やしてくれる。晴れた日には遠く積丹半島まで見渡せる大パノラマ。眼前に広がる石狩湾を見ながらお弁当開いて遠足気分を満喫するのもいい。
クルマで頂上に向かう途中にひょっこりきキツネやタヌキと出会うことも。

忘れてはいけないのが夜景。函館、札幌に並ぶ北海道三大夜景のひとつ。
揺れるワイン色の町並みや遠くイカ釣り漁船の漁火も。自然に恵まれた”山小樽”、ぜひ一度体感しに来てください。
山の麓からは天狗山ロープウェイが便利です。(小樽駅からは中央バスが山の麓まで運んでくれます)

小樽天狗山ロープウエイ 小樽市最上2-16-15 電話0134-33-7381
※中央(2枚目)にある画像は、小樽天狗山ロープウエイ様より借用

もうひとつのアクティブに楽しむ山小樽は小樽グリーンパーク。
ここで楽しめるのが「パークゴルフ」!
芝でおおわれたコースで、専用のクラブでボールを打ち、カップインするまでの打数を競い合いながら楽しく遊べるスポーツです。
国内トップクラスを誇る整備の行き届いた45のコース。初めてのアクティブ女子でもキャーキャーいって楽しめます。
石狩湾の絶景とまわりを木に囲まれた自然の景観。何より空気が美味しいの!ここでも深呼吸は忘れないで。
小樽の鳥・アオバト、ウグイス、キツツキなどの野鳥の鳴き声を聞きながらグリーンフルな一日が過ごせる。札幌ではマネの出来ないヒミツのスポットです。
国道5号線朝里交差点からキロロ方面に車で5分。詳細は下記まで。

小樽グリーンパーク 小樽市朝里川温泉1丁目86番 電話0134-61-7101

第五話:風小樽

今日はなんだか風になって遠くに行きたい気分。髪をくゆらす海風が心地いい。
よ~し船に乗ろっか。
中央橋の発着場から階段を降りる。乗るのはこの船ね、フレームの木目が優しい。ベニスのゴンドラみたい。

出発~。
35分の周遊が始まる。Uターンのとき思わず手を振った。遊歩道で誰かが振っている。ちょっと嬉しい。
お~っ橋の下だぁ。初めてだこんな景色。水面の高さから見た運河はいままでと違って見えた。とっても新鮮。ツタの絡まる倉庫群、季節に寄って色が違うんだろうな。
2つ目の橋をくぐるともうそこは海。停泊する大きな船。うみねこが鳴いている。遠くでトンビが輪を描いている。風、潮の香りがする。横には小魚の群れ。ガイドさんの説明が面白い。知らないことばっかり。
3つ目の橋をくぐったら昔のままの北運河。さっきより広いな、幅40mもあるんだぁ。昔の面影がいまも残っている。多くの画家たちがキャンバスに残した小樽の情景。倉庫、海猫、ガス灯、石畳、私も絵を描きたくなった…

「着きましたよ~」

あっ、風が気持ちよくてちょっと寝ちゃった~。

※小樽運河クルーズ 小樽市港町5-4 電話0134-31-1733 ※下記画像3枚は小樽運河クルーズ様より借用