市立小樽文学館

  • 公共施設
  • 歴史・文化・芸術
  • 製作体験・施設見学

小樽にゆかりのある文学者の著作や文芸誌、原稿などを展示・保管

小林多喜二、伊藤整をはじめ、小樽ゆかりの小説家、詩人、歌人、俳人の著書や資料を収蔵、展示するとともに、これらの貴重な文化的財産を未来へ伝えていく施設です。
館内にはカフェスペース(JJ's Café)もあります。

サービスインフォメーション

  • 特別展や企画展
    常設展示のほかに特別展や企画展、文学講座や作家と作品ゆかりの場所を訪ねる文学散歩なども開催
  • 入館料
    一般300円、高校生・市内在住の70歳以上の方150円、中学生以下無料

店舗インフォメーション

店舗名 市立小樽文学館
Otaru Literary Museum
住所 〒047-0031
小樽市色内1丁目9番5号
電話 0134-32-2388
営業時間 9:30~17:00 (入館は16:30まで)
定休日 月曜日、祝日の翌日(ただし土日の場合は休まず振替え)、年末年始(12月29日~1月3日)
駐車場 あり(無料)
アクセス JR小樽駅から徒歩10分
ホームページ http://otarubungakusha.com/
お問い合わせ用
メールアドレス
bungaku-kan@city.otaru.lg.jp
禁煙・分煙 禁煙
車椅子対応 対応
盲導犬入店可 対応

店舗マップ